【カフェへの就職が有利になる】専門学校でバリスタの資格を取ろう

ウーマン

食に関するプロを養成

世界各国の料理や食文化について、確かな技術や知識を習得できるのが、食に関するプロである調理師を養成している専門学校です。学費の分割納入に加えて、奨学金制度や学費の減免制度を用意している専門学校も多く、学ぶ意欲がある学生を応援しています。

ニュース一覧

男女

即戦力を身に着ける

大学進学や研究分野と違い、即戦力になることで有利な「調理」の世界。高校のうちから身につけることによって、その後、世界各国や全国各地で働く際にも必ず経験の多さとして有利になってきます。調理専門と言っても通常の学生生活が送れるのも魅力の一つです。

コーヒー

専門的に学べる

バリスタになりたいのなら、専門学校に通いましょう。もしくは大学でも学ぶことができます。どちらにしても、バリスタの資格を取得できるところではないと意味がありません。社会人でも通えるところがあるので、よく吟味しましょう。

ウーマン

料理のプロになる学校選び

グルメの時代と言われていますが、食育に関する期待も大きくなっています。若者の間でも調理師を目指す人が増加しています。たくさんの専門学校がありますが、事前に卒業生の就職先を調べてから学校を選ぶようにします。卒業時にどんな資格が取得できるかも確認します。就職時のフォロー態勢が整っている学校を選びます。

ウーマン

専門コースを探す

調理師になりたい人は早い段階から專門の学校に進学しましょう。例えば、高校にも資格を取得できる專門コースを設けたところがあります。そうすれば、高校卒業後すぐにでも調理師として働くことができるので効率的です。

カフェを開業するなら

男性

スクールに通う

カフェを開業したいと思った場合、カフェスクールのような学校に通い、バリスタの資格などを取得したほうがいいのか、と考える人もいる事でしょう。バリスタの資格は通信教育などでも取得できますが、学校に通った方が同じ目標持った仲間にも出会えるので、互いを高めることができ、モチベーションアップにもつながります。日本のカフェスクールなどでも、バリスタの資格を取得することができます。ですが、オーストラリアに留学する機会がある人は、ワーキングホリデー中に、語学学校にてバリスタコースを受講するという方法もあるようです。しかし、バリスタの資格は国家資格ではないので、学校などで取得できても、必ずしもカフェで働く際に有利になるとは限らないということを覚えておきましょう。とはいえ、コーヒーについて様々な知識を得ることができたり、技術を身につけられることから、消してバリスタの資格を取得することは無駄ではないでしょう。カフェスクールを選ぶときは、名前だけで選ぶのはやめておきましょう。広告をよく見かける、CMで見たことがある、といった理由だけで判断すると、後悔することになるかもしれません。きちんと、授業内容をチェックするようにしましょう。入学前に、その学校で体験レッスンなどを行っているようなら、実際に参加してみることをおすすめします。インターネットで検索すれば、体験レッスン等の情報を得ることができるでしょう。また、市販の専門学校情報誌といったものにも、学校の基本情報が記載されています。気になる学校の比較に役立つはずです。

Copyright© 2018 【カフェへの就職が有利になる】専門学校でバリスタの資格を取ろう All Rights Reserved.